LNGのご提案

【キービジュアル】LNGのご提案

21世紀は天然ガスでいきましょう、山陰酸素のLNG(液化天然ガス)事業

今、求められているエネルギー。それは地球環境にやさしいクリーンなエネルギーです。
LNG(液化天然ガス)は高カロリーでかつ、化石燃料中でもっとも二酸化炭素の排出量が少ないなど、
クリーンなエネルギーとして注目されています。

LNG(液化天然ガス)

LNGは、Liquefied Natural Gas(液化天然ガス)の略語で、メタンが主成分の天然ガスを極低温技術を駆使して冷却液化したものです。
約マイナス160度という非常に低温の液体です。LNGに加工することで、体積が約1/600となるため、パイプラインで輸送できない地域でもLNGローリーや鉄道コンテナで大量輸送が可能です。

天然ガスの環境性

メタンが主成分のLNGは、空気より軽く地表にたまりにくいため、爆発の危険性が少なく、燃焼下限濃度が比較的高く、安全性の高い燃料です。
LNGに加工する際に、塵・硫黄分・水分などを取り除く為不純物をほとんど含まず、クリーンに燃焼します。
以下のグラフは、燃料が燃焼する際に排出する「二酸化炭素」「窒素酸化物」「硫黄酸化物」の量を比較したものです。
(石炭の排出量を100とした場合の石油、天然ガスの排出量です。)
燃料排出量比較グラフ

燃料比較票

天然ガスは安定供給できるエネルギー

LNG輸入先

世界各地から輸入されています

LNGは電力会社、都市ガス会社を中心として、主に産出国との長期契約のもとに輸入されています。また、世界各地から輸入されており、政治情勢による供給量の変動が少ない、安定性の高いエネルギーであると言えます。

天然ガスの豊富な埋蔵量

天然ガスは産出地域が多く、また、可採年数も石油より長いと言われています。
さらに新しいガス田が開発されており、長期にわたり安心して使えるエネルギーです。

天然ガスの運搬

LNGサテライト設備概要と設置基準LNGのご利用にあたり

主な用途

空調

GHP / 吸収式冷暖房機 / 赤外線ヒーター暖房機
/ デシカント空調機

発電

コージェネ / ガスエンジン / ガスタービン / 燃料電池
蒸気タービン及びこれらによるガスコージェネレーション

天然ガス自動車

バス / トラック / 乗用車 / フォークリフト等

冷熱・冷水利用

食品冷蔵・冷凍 / 食品冷結 / 深冷式空気分離プラント
液化炭酸プラント / 製氷 / 超低温保冷車 / 冷熱発電