ガスアプリケーション

【キービジュアル】産業ガスのご提案

ガスにはそれぞれ特性があります。
その特性を活用し、様々な分野に応用した技術製品の総称が「ガスアプリケーション」です。
ご要望に応じて、多彩なご提案をさせていただきます。

ガスアプリケーション一覧

キュポラ酸素富化

鋳物などの溶解に使用されるキュポラへ純酸素を吹き込み燃焼効率を向上させます。
生産量の増加、立ち上がり時間の短縮、捨て湯量の削減、操業改善などの効果が期待できます。

スーパーOFB

スーパーOFB

液体・ガス・微粉炭などの各種燃料を純酸素で燃焼させるバーナーです。
空気バーナーと比較した場合、より高温での燃焼が可能なため、幅広い分野・用途で排ガス量・NOx排出量削減、熱効率向上など省エネ、環境負荷の低減を実現します。
ご使用の目的、設置先の状況に応じて様々なタイプを取り揃えております。

サブテンチャンバー

サブテンチャンバー

サブゼロ処理(金属加工における焼入後の急速冷却処理)が行えます。
省スペース、設備費低減、処理工程の簡素化の利点があります。

ナイトロフレックス

ナイトロフレックス

窒素ガスをベースとして、水素・アンモニア・メタノール等と混合し、熱処理の雰囲気ガスを作るシステムです。
運転が容易で安全性も向上します。
また、ガス量の削減や処理時間の短縮など、コストダウンの面でもメリットが期待できます。

マジックフリーズ(液化窒素式食品急速凍結装置)

マジックフリーズ(液化窒素式食品急速凍結装置)

極低温(-196℃)の液化窒素をスプレーすることにより、食品を急速凍結します。
素材に最適な凍結時間の設定が可能なため、製品の高品質化が可能なことに加え、機械式と比較して設置面積が小さいので、工場スペースの有効活用につながります。

マジックローズ(液化窒素浸漬式食品凍結装置)

マジックローズ(液化窒素浸漬式食品凍結装置)

食品を直接液化窒素に浸漬し凍結する装置で、主に食品のバラ凍結(IQF)に使用します。
脱水、ドリップロスが少なく、また設置スペースが小さいコンパクトサイズの設計のため、工場スペースの有効活用につながります。

液体急速凍結粒化装置

液体急速凍結粒化装置

液体原料を液化窒素中に直接流下させ、粒上の凍結品を連続的に得ることができるフリーザーです。
得られた粒上凍結品は品質劣化がなく、任意の粒径を得ることができます。
粒状凍結品は小分けが簡単なうえ、新規商品開発への創造性も期待できます。

マジックキューブ

マジックキューブ

液化窒素と液化炭酸ガスを、用途に応じて使い分けできるバッチ式小型急速凍結装置です。
コンパクトで耐久性にも優れ、取扱いも非常に簡便です。

溶存酸素除去システム

液体中に溶存している酸素を窒素ガスにより高効率で除去するシステムです。
シンプルな構造のため洗浄性が良く、イニシャルコストも低く抑えることができます。

低温反応制御システム

低温反応制御システム

化学反応によって発生した熱を、液化窒素の極低温を利用して除去します。
省スペースで非常に高い冷却能力を発揮します。

クライオミル(液化窒素式低温粉砕装置)

クライオミル(液化窒素式低温粉砕装置)

液化窒素の極低温を利用して、さまざまな素材を粉砕する装置です。
常温では粉砕できない物質の粉砕が可能なうえ、粉砕物の粒度を調整することもできます。

クリーニング保安システム

クリーニング保安システム

石油系溶剤を使用するドライクリーニングのタンブラー装置(乾燥機)を窒素ガスでパージするシステムです。
酸素濃度が下がるので発火の危険性の低減ができます。
また、溶剤を回収し再利用できるため大気汚染の防止に寄与します。

スーパーショット

スーパーショット

ゴム・プラスチック・ダイカスト等の成型時にできるバリを、液化ガスの極低温を利用して取り除く自動バリ取り装置です。
簡単操作の自動制御式のため、煩雑な手作業から解放され生産性を大幅に向上させることが可能です。
精密部品にも対応可能です。

ガス混合システム

ガス混合システム

原料ガス(2~3種)をあらかじめ定められた濃度に混合し供給するシステムです。
使用先での流動変動に対しても、常に安定した混合精度・圧力で連続供給が可能です。
溶接・食品封入・熱処理炉内雰囲気の調整等、幅広い分野でご使用が可能です。

半導体製造関連設備

半導体製造で使用されるガスには高い品質と精密な制御技術が要求されます。
当社ではSiH4、H2Se、B2H6、AsH3等のガス供給をはじめ、操作性・拡張性に優れたシリンダーキャビネット、CVD装置、各種配管工事まで一貫したサービスのご提案が可能です。

 

 

自動・局所炭酸ガス施用システム

ビニールハウス農業において、ハウス内の環境(照度・CO2濃度・湿度・温度等)を測定し、作物の育成に最適なCO2環境を自動で実現するシステムです。

これにより植物の光合成が促進され、作物の育成促進・増収を実現します。

詳細はこちら

 

上記のもの以外にも様々なアプリケーションがございます。

ご要望に応じて最適なご提案をさせていただきますので、まずはご相談ください。

 

お問い合わせフォーム