健康経営への取組み

「健康管理基本方針」

 

2019年10月1日、当社は健康管理基本方針を策定しました。
会社の成長を支える社員の心身の健康を重要な経営資源のひとつと捉え、健康維持・推進活動に取り組んでまいります。社員が心身ともに健康であるよう支援し、健全な経営を戦略的に推進する「健康経営」を実践することで、社員の生産性や付加価値創造性の向上、企業イメージの向上や医療費の節減、リスクマネジメントの面での成果につながるものと考えています。
 
 
健康管理基本方針
「健康経営」の考え方に基づき、以下の健康管理基本方針を策定しました。
 
1.社員は「自分の健康は自分で守る」意識をもって生活習慣の改善などの自らの健康づくりに主体的に取り組

     み、会社は健康施策を通して支援する。

2.会社は、安全安心な企業体質構築を通して、社員一人ひとりが十分に能力を発揮し、充実した職場生活を送

     れるよう支援する。

3.健康情報等の個人情報の適正な利用と管理の徹底を図るとともに、法令順守を基本とした健康管理を推進す
     る。

 

取組み内容

 疾病予防対策を4段階で定義し推進します。

1.0次予防:職場のコミュニケーションの活性化により職場環境改善を推進する。

2.1次予防:研修等による社員への健康啓発により「疾病予防」を推進する。

3.2次予防:健康診断後の保健指導等により「疾病の早期発見・早期措置」を推進する。

4.3次予防:職場復帰制度等の整備等により「疾病の再発防止・重症化予防」を推進する。

 

テーマ 健康施策例
職場環境改善対策 ○職場懇談会の開催
生活習慣病の疾病予防対策
○健康診断有所見者フォローの充実強化
○生活習慣改善セミナー ○スポーツ大会の開催 他
喫煙対策
○喫煙セミナー
○世界禁煙デー全事業所一斉禁煙チャレンジ 他
メンタルヘルスケア対策
○ストレスチェックの実施 ○セルフケア研修
○ラインケア研修 ○スタッフへの専門教育 他
女性のための健康管理 ○健康セミナー 他

 

健康管理推進体制の整備

健康管理基本方針の推進母体は、安全衛生合同委員会(安全衛生委員会)とする。また、事業場内産業保健スタッフ(総務グループ)、管理監督者(事業所長、管理職等)への専門教育を実施し、推進体制の充実強化を図る。

 

以上

 

主な実績

 

日本政策投資銀行「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付」の格付取得

2018年4月5日、当社は、株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:渡辺一、以下「DBJ」という。)の「DBJ健康経営(ヘルスマネジメント)格付(以下「DBJ健康格付」)」を取得し、「DBJ健康格付」認定証の授与を受けました。

 

●株式会社日本政策投資銀行

株式会社日本政策投資銀行は、出資と融資を一体的に行う手法その他高度な金融上の手法を用いることにより、長期の事業資金に係る投融資機能を発揮し、長期の事業資金を必要とする者に対する資金供給の円滑化、及び金融機能の高度化に寄与することを目的として、株式会社日本政策投資銀行法に基づき設立された金融機関。(ホームページはコチラ

 

●評価認証型格付融資「DBJ健康格付」

「DBJ健康格付」融資は、日本政策投資銀行独自の評価システムにより、従業員への健康配慮の取組が優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという「健康経営格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニュー。
 
DBJ健康経営格付2017

 

経済産業省「健康経営優良法人(大規模法人部門)」認定取得

2020年3月2日、当社は、経済産業省「健康経営優良法人(大規模法人部門)」に認定されました。
健康経営優良法人認定制度は、経済産業省が2017年に創設した、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している企業を顕彰する認定制度です。
(ホームページはコチラ
 

経産省健康経営優良法人ロゴマーク