05.介護

01.介護のリフォーム

「段差をなくす」、「手すりを取り付ける」、「階段の段差を緩和する」、「トイレや浴室を広くする」、「扉を引き戸にする」といったリフォームです。お客様のお住まいの地域、お客様の介護の状況において補助金対象になる場合もあります。

02.「工事」の具体例

工事の具体例を、リフォーム場所ごとにいくつかご紹介します。

 

 

 

 

 

床部分
各部屋ごとの段差を解消し、床の高さを揃えます。床材にフローリングを採用する場合は、すべり止め加工がされたものを選びます。
 
壁部分 
手すりを玄関・階段・廊下・トイレなど必要な場所に設置します。
 
浴室・洗面所
冬場の寒さ対策に暖房機等を検討します。特に浴室の床材にはすべりにくい材質をを選び、浴槽においてはまたぎやすい高さにおさえます。また必要な箇所に手すりを設置します。
 
キッチン
キッチンを入れ替える際は腰をかけて作業できるようなプランを検討します。水栓はレバー式を選択します。
 
扉 
入り口の開口幅を広げたり、開き戸から引き戸に変更します。
 
間取り変更
ご自宅の間取りを変更する場合は寝室のそばにトイレを配置します。また生活動線を単純化し、できるだけ1階だけで生活できるような間取りを考えます。