住まいのお困りごとは山陰酸素が解決します!

冬場、エアコンの効きが悪く、部屋が寒い。

寒さに震える女性のイラスト

冷たい空気は部屋の下のほうにたまりやすく、暖かい空気は天井付近にたまりやすいという性質をもっています。エアコンで暖房する時は、まず風向きを下に向けて設定しましょう。そのうえで、下にたまった冷たい空気をサーキュレーターや空気清浄機などでかきまぜれば、部屋全体を暖めることができます。ただし、空気清浄機を使うときは、空気清浄機の風が窓に当たると、窓際の冷たい空気も部屋の中に取り込んでしまうので、壁や窓から少し離れた場所に置くようにしましょう。

 

足元からポカポカとやさしいぬくもりで包みこむ「床暖房」はこちら♪

灯油ストーブを使ってるけど、灯油の取扱いが面倒。

 
ファンヒーターのイラスト灯油ポンプとタンクのイラスト

◆灯油を床にこぼしてしまったときは…

粉洗剤をまいて灯油を吸わせ、ほうきで掃きとってから、乾いた雑巾でふきます。

◆灯油が手について臭いが取れないときは…

サラダ油を少量、手に馴染ませてから石鹸で洗うとアラ不思議!臭いがとれます。

◆灯油はシーズン越えさせないで

シーズン越えした灯油は変質したり、水が混ざったりしがち。そんな灯油を使うと故障の原因に。シーズン終盤になったら、少しずつ買うようにしましょう。

 

スピーディでパワフルかつ手間いらずな「ガスファンヒーター」はこちら♪

光熱費をもっと安く抑えられないかしら。

家計簿をつける主婦のイラスト

無理せず地球にやさしい生活がしたい。

地球のイラスト

電力会社が発電した電力は、電線を通って各家庭に届きます。その際、約5%の電力が送電ロスとして、55~60%が廃熱ロスとして消えていきます。発電所と消費地が近ければ近いほど、エネルギーを無駄なく使うことができます。

 

我が家の電気は我が家の屋根で!「太陽光発電」はこちら♪

年をとって家の中の段差がつらくなってきた。

階段で息切れをしているおじいさんのイラスト

高齢者の家庭内で1番多いのが転倒事故。階段に手すりを付けたり、床に滑り止めを貼り付けたりすると、歩行や動作がグッと容易になります。また、段差を解消する室内用の段差解消スロープや、高さのある段差をワンステップ補助する段差解消台を設置することも有効です。今の体力を落とさず、生活への意欲を充実させていくには、行動範囲を狭めないことが大切です。安全に安心して暮らせる住まいづくりを。

 

山陰酸素の介護リフォームで解決♪