San-in Sanso RECRUIT|採用情報

2019年4月25日(木)まで

そもそもガスとは?

「ガス」とは何でしょうか。

山陰酸素工業株式会社

 「LPガス」「都市ガス」「毒ガス」「火山ガス」...
 ガスと聞いていろいろなものをイメージしますが、「ガス」と
 は一体なんでしょう?

 目に見えなくて怖い・・・爆発しそうで怖い・・・ガスにはそのよう
 な”怖い”イメージも付きまといます。
 「ガス」の語源はもともとギリシャ語の”混沌”にあるともいわ
 れています。目に見えず、分かりにくい存在であることからで
 しょうか。


広い意味でガスは「気体」のことを指しています。酸素、二酸化炭素、窒素、水素...それらの気体はみんな「ガス」であり、今私たちが吸っている空気もそれにあてはまります。ガスには可燃性、不活性・・・種類によっていろいろな特性があります。現代の私たちは燃料として日常生活で使うだけでなく、そのような特性を利用してさまざまな工業製品を産み出しています。

目に見えず、手に取って確かめることもできませんが、空気なしでは私たちは生きていくこともできません。
ガスは現代の生活に密接した関係を持つ、なくてはならないものなのです。

 

 

くらしを支えるガス


では実際、どんなところにガスは使われているのでしょうか。
「え?こんなところにも?」と感じるものも多いかもしれません。

液晶テレビ 液晶ディスプレイの製造には、酸素、窒素の他、特殊なガスが使われています。
ガスコンロ LPガスは昔から広く調理に使われている馴染みのガスです。
エアコン エアコンには、冷媒としてフロンが使われています。
印刷物 証券や株券、美術品に至るまで酸化を防ぐために窒素ガスが使われています。
スプレー缶 スプレー缶に封入した圧縮ガスの圧力により、内容物を噴射させます。
食品包装 包装中に窒素ガスを入れて酸化による風味劣化とカビなどの増殖を抑制します。
ビールサーバー 生ビールを圧送する為に、炭酸ガスが使われています。
照明器具 白熱電球、蛍光灯、放電管などほとんどの照明で窒素、アルゴン、クリプトン、キセノン、などの不活性ガスが使われています

工場 鉄鋼や化学工業では酸素や窒素が、半導体産業では窒素やアルゴン、半導体材料ガスが、自動車や機械などの金属加工分野では、酸素、窒素、アルゴン等が使用されています。
病院・医療

下記のようにさまざまな場面で使われています。
・生命細胞、ワクチン、血液などを長期保存(凍結)するために液化窒素
・清浄な空気を供給するため、合成空気として液体酸素と液体窒素
・リウマチなどの治療(超低温療法)に液体窒素
・MRI(画像診断)に液体ヘリウム
・実験用、レーザーメス、手術(腹腔鏡)等に炭酸ガス
・麻酔用として鎮痛効果に優れた亜酸化窒素(笑気ガス)

自動車 LPG車の燃料として利用されるLPガスは、ガソリンに比べ排気ガスがクリーンでCO2の排出量が少なく、環境に優しい燃料です。
排水処理 酸素は下水処理の際、活性汚泥中の微生物を活性化させる為に使われています。


日常生活とガスの関わりが見えてきましたか?
ご紹介したのはほんの一部。まだまだわたしたちの生活にはガスに関わるものがたくさんあります。

次ページではそんな「ガス」と「くらし」を繋げる山陰酸素の役割をご説明します
Next. 「モノづくりから家庭まで」

採用に関するお問い合わせ履歴書送付先
〒683-8516 鳥取県米子市旗ヶ崎2201-1
山陰酸素工業株式会社 本社 人事グループ
TEL 0859-32-9173(直通)