安来市の小学4年生に、環境について学んでいただいています!

 

6月10日~7月6日にかけて、安来市の小学4年生を対象に、

「環境学習」を実施しています!

 

環境学習とは、安来市教育委員会が主催する社会科見学の一つ。

市内のゴミ処理施設を見学後、ケイオスで、二酸化炭素(CO2)と、

環境問題って、結局どういうことが問題なのか、しっかり学んでいただきます

 

学習の写真

 

ケイオスでは、まず学習室で二酸化炭素について、

館長のお話を聞きながら、ワークシートを埋めて、理解を深めていただきました(^^)/

 

人間のどんな活動によって、二酸化炭素がどのくらい増えているのか、

それが地球にどのような影響を及ぼしているのか。

 

学習の写真

 

でも、なんだか悪者のように思いがちな二酸化炭素は、

人間は豊かな生活になくてはならないもの。

植物の成長には不可欠、病院でも使われたり、大好きな炭酸飲料の中にも必要。

 

悪いのは二酸化炭素ではなく、それを大量に排出しすぎている人間なのですね。。。

 

講演会の写真

 

後半は、島根県の「エコサポしまね(しまねエコライフサポートセンター)」の、

葭矢(よしや)先生による、講演会。

 

エコサポしまね とは?

しまねエコライフサポートセンター・エコサポしまね|島根県地球温暖化防止活動推進センター|(公財)しまね自然と環境財団松江事務所 (nature-sanbe.jp)

楽しいイラストたくさんで楽しく学べるサイトです(^^)

 

講演会の写真

 

生徒さんとお話しながら楽しくお話をしてくださる葭矢先生。

 

しかし、環境問題とは、言い換えると「地球が未来に続いていかない問題」なんだよ、

私たちは地球から何をもらっているんだろう?

このままの生活をしていたら、地球が1つじゃ足りなくなっちゃうんだよ、

というお話を聞くにつれて、生徒さんの表情がどんどん変わっていきます。

 

最後に見せていただく、セヴァン・スズキさんの伝説のスピーチ。

https://www.youtube.com/watch?v=lSZD6pGXsaM

何度見ても、心にずしんと響きます。

子どもより大人が見るべき映像ですね。

 

環境学習の期間中、計236名の生徒さんが、来館予定

目の前に見えている世界の見え方が少し変わって、

自分の生活を少しだけ変えてみる、そんな機会になってほしいです。