目的

当財団は、高圧ガスの化学教育・利用促進をはかり、あわせて地域の文化と暮らしのための
事業に対して助成し、もって地域生活の向上に寄与することを目的として設立しました。

さんそ学習館 ケイオス さんそ学習館 ケイオス さんそ学習館 ケイオス さんそ学習館 ケイオス

私たちはこんなことをしています。

さんそ学習館 ケイオス

さんそ学習館 ケイオス

2017年10月、ガスの存在を身近に感じ、ガスについて学ぶことができる学習施設として開設。
私たちの豊かな生活に欠かせないガスについて、プロジェクションマッピング やタッチパネルを用いて分かりやすく紹介しています。

耐熱服 寄贈式

地域の安心のために

地域生活の向上に寄与することを目的に、地域の保安・防災活動に対する支援事業を行なっています。
2019年3月には、災害時に火災等の熱から消防隊員を守るために無くてはならない「耐熱服」を出雲市消防本部に寄贈しました。

事業内容

  1. 高圧ガスに関する化学教育・利用促進、及び保安に対する支援
  2. 地域の保安・防災活動に対する支援
  3. 地域の環境保全活動に対する支援
  4. 地域の医療活動に対する支援
  5. 地域の文化・芸術・歴史的価値の保護および管理に対する支援
  6. 地域振興事業に対する支援
  7. その他この法人の目的を達成するために必要な事業

設立趣意書

山陰酸素工業株式会社は、終戦の翌年1946年に設立され、高圧ガス関連機器商品の取扱いを中心に発展してきました。そして今年創立50周年を迎えました。この50年、世界各地では、地域限定戦争や紛争が多発しましたが、幸いにも我が国はそのような危機に巻き込まれることなく、ひたすら国力の向上、産業の発展に邁進して今日の状況を作り上げました。この戦争のない国家こそが、企業発展の基本的な基盤であることをかみしめたいと考えています。
 私どもは、この地域を仕事の基盤として、地域社会における各種産業の発展と、一般生活の向上に努めてまいりました。そして、地域とともに発展を続けてきました。

 このたび、創立50周年を迎えることを記念して、財団法人さんそ山陰技術振興財団を設立することといたしました。
 この財団は高圧ガスに関する技術、安全、防災、保安等の開発、研究に対する支援を行い、21世紀に向けて地域社会の産業の発展、ならびに一般生活の向上、更には発展途上国における技術振興にも、積極的に寄与していこうとするものであります。

財団の概要

名称 一般財団法人さんそ財団
所在地 島根県安来市亀島町2-1
連絡先 0854-21-9777
設立 1996年(平成8年)12月3日
上に戻る